上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.14 TAIZO
一ノ瀬泰造さんという写真家をご存知ですか?

カンボジアの内戦時、クメール・ルージュに占領されていたアンコールワットの写真を撮ろうと潜入し、捕らえられて殺されたフリーのカメラマン・・・まだ26歳、大学を卒業し、戦争写真家になって2年でした。
私は彼にとても惹かれていて、そういう意味でもアンコールワットを見たかったんです。
彼が殺され埋められた付近にお墓があると知って、カンボジアに行ったら絶対に行こうと決めていました。
実際には彼のお骨の半分は実家の佐賀県に、もう半分はアンコールワットが見渡せる木の下にあるそうですが、彼が見た景色を自分の目で見てみたかったんです。


子供とガイド
子供たちの中で登場した男の子とガイドさん
タイゾーは捕らえられてしばらくの間、プラダック村で人々の生活や子供たちの写真を自由に撮らせてもらっていたそうです
この男の子も、その村の子供です


タイゾーへの橋
車を降りて脇の土手沿いを歩いていくとこの橋が見えてきます


タイゾーのお墓


タイゾーのお墓2
タイゾーのお墓 帽子を取り手を合わせていたら涙が込み上げてきました


タイゾー4
お墓の敷地内にある小屋には番をしている女性が一人
彼女も村の人で妹と交代でお墓を守っているそうです


タイゾー1


タイゾー2
彼が下宿していたレストランで食事をしました
きれいに建て替えられていて昔の面影は残っていないそうですが、彼の住んでいた部屋はそのままにしてあるそうです
ちょっと前まで頼めば見せてくれたそうですが 今はマッサージ(有料)をしてもらわなければ見せないとのこと
私はマッサージは嫌だったので見ることが出来ませんでした・・・ちょっと後悔・・・

「また来るからね」
お墓でそう約束しました。いつになるかわからないけど。。。
彼をモデルにした『地雷を踏んだらサヨウナラ』という映画があります。興味があったら一度見てくださいね。

スポンサーサイト
2007.02.06 正解は・・・
カンボジアでした。。
ベトナムにも行ってきましたが、まずはカンボジアの写真です。


姿見の池
アンコールワットの前にある姿見の池


アンコールワット
朝5時に起きて日が昇るのを見ました


アンコールワット1
見ごたえのあるいい遺跡でしたが 人の多さにびっくりしました


階段

中央祠堂への階段 劣化が激しく幅が狭くなっている上に急勾配
登っていると下からガイドさんの「下を見ないで」の声につい
下を見てしまい 足がすくみました
これは登り切った後に上から撮ったものです
少し前に西洋人が上から転がり落ちたそうです・・・どうなったかは聞きませんでした


結婚式1
カンボジアでは結婚式をアンコールワットで行うそうです

アンコールワットばかりになってしまいましたが、他にもたくさんの遺跡を巡りました。
そして建築技術の高さと彫刻の素晴らしさに感動しました。
カンボジアの続きはまた後日。
2007.02.05 子供たち
海外に行ってまいりました。
2カ国回りましたが、とにかく子供がかわいい!!
よく働き、そしてよく笑う。
子供たちの姿に感動した旅でした。


子供


子供7
お兄ちゃん、お姉ちゃんはとてもよく面倒を見ていました


子供1
遺跡の中を走り回る子供


子供3


子供2
遺跡の中に居る物売りの子供
こんなに小さいのに立派に?物売りしてました


子供4
この子とは長い時間一緒にいました
目的地までずっと道案内をしてくれた村の子で
帰りも一緒にいてくれました


子供5
村の川で魚を獲った帰りの親子


子供6
民家の母子 かわいかった~


子供8
遊んでいるのか働いているのか・・・?

さて、どこの国かわかりましたか?
答えはまた明日。。。
2007.01.24 春?
職場に咲いていました。。。。。
いよいよ地球がおかしくなっちゃったのかなあ?


たんぽぽ



しばらくの間留守にいたします。
何故かは後ほど。
2007.01.15 氷と結晶
昨日に引き続き、蓼科での写真です。
今回は氷で・・・。


結晶

朝、窓に付いていた結晶


結晶1
かわいらしい花の形


こおり
色んな形の氷が楽しい


とり
鳥みたい


氷の新芽
氷の新芽


ナオダルマ
おまけでナオだるま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。